読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

THIS IS YOUR LIFE.

私以外私じゃないの

ぼくたちの失敗〜ミニマリズムと好きなものとの距離〜

【スポンサーリンク】

私はお酒が好きである。

血統的にも実質的にも、比較的強い方だとも思うが、
30代に突入し、衰えを感じ始めているのは否定出来ない事実だ。

平たく言うと、久しぶりにお酒で大失敗したっていう話。

昨日の最後の一滴を飲んでまもなく24時間が経過しようというのに、まだ吐き気がする。
(というのも、4人中3人がお腹を下すなり戻すなりしているので、食あたりという説もある。ちなみに原因として考えられるのはモヒート)

昨日の会は本当に楽しかったし、同じ業界の大先輩の憧れの夫妻との会食だったので、
お酒の力を借りないと少し緊張してしまうという状況でもあった。

そもそも家ではほとんどお酒を飲まない私のお酒好きな理由の大半は、「人とのつながり」に起因する。

お酒の席っていろんな奇跡が生まれる。
後世語り継がれるおもしろフレーズが生まれたり、一回スイッチが入ると女子高生よろしく「箸が転がっても面白く」てずっと笑ってたりすることも多々ある。

好きだから、嫌いになりたくない

問題は、加減である。

なにごとも過ぎたるは及ばざるが如しとはよく言ったもので、
昨日のように大失敗かましてしまっては、せっかく楽しかった会が台無し。

すっかりお馴染みとなった酒豪キャラ設定も手伝って、会食の時には選択肢無くお酒を頼みがち。
好きな人達と美味しいごはんとお酒を楽しむのは、私にとって大事な時間であることには変わりがないが、
体調と相談する、加減する、っていうのをいい加減覚えなければと肝に銘じた。

恋人とべったりだと飽きるのが早いのと同じ

忙しい一週間、金曜まで遊ぶのはガマンしてガッツリ仕事して、
待ちに待った金曜の飲み会。
不思議なもので、そんな時の一杯目のビールは仕事を頑張れば頑張っただけ美味しくなる。

いくら好きでも、毎日朝から晩まで二人っきりで何をするのにも一緒、なんて中学生みたいな恋愛は、たぶん2週間くらいで飽きる。
(ちなみに先日好きになってくれた人は仕事がヒマな男で、昼夜問わずLINEのやりとりを続け、最初は嬉しかったけど一週間くらいでありがたみも無くなって飽きた)
きっと、お互い仕事も充実してて、金曜までガッツリ仕事して週末やっと会えた時の方が喜びもひとしお。

好きだからこそ、ずっと心地よく好きでいるために、
ほどよい距離感が必要なんだと改めて考えさせられた。

それは「もの」とも、「人との関係」とも。
依存心のミニマル化とも言えるのではないだろうか。

まずは胃がボロボロなので、養生したいと思います。。。

↑これ、ほっこりしてオススメです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

にほんブログ村