読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

THIS IS YOUR LIFE.

私以外私じゃないの

予定のない日曜日は、早めにお風呂に入ると捗るね。

【スポンサーリンク】

そんなわけでこんな時間に余裕でブログを書いているのである。

筆者は健康オタクなのでアーユルヴェーダも随分前に少し齧っているのだが、風の性質の「ヴァータ」体質の私は、自分で言うのもなんだけど情報処理全般が早い。
だからってわけじゃないけど、同じくヴァータっぽい人が周りに多いせいもあって、
ブログに割ける容量の文章を、その人らとのLINEのやりとりに消費している気がする昨今である。

ノロウイルス?胃腸風邪?にかかる

最初はなんかお腹の調子が悪くて、追って吐き気がやってきた。
私はその後正味7時間ほど、言うなればあの世界三大ガッカリのひとつ・マーライオンのごとく清流を流し続けることになった。
(たぶん冷凍庫にあった唐揚げが古かったんだと思う)

ナノブロック NBH 105 マーライオン【新品...

ナノブロック NBH 105 マーライオン【新品...
価格:1,631円(税込、送料別)

↑世界三大ガッカリのひとつ・マーライオンさん

もうほんと、吐き気がするときってなにもできない。

SNS見ればみんな美味しそうでコッテリした写真あげてるし(テロ)
テレビ見れば「まいう〜」とかが肉食ってたりするし(テロ)
気を紛らわそうと読書を試みるも、結局吐き気が邪魔して集中できないんだから。

仕方ないので、普段あまり見ないテレビをつけっぱなしにしていた。

もう5年も経つんだね

この週末は、東日本大震災関連の特番がたくさん組まれていた。

もう5年も経つと、日々の生活の中に色々忘れてきてしまうもので、
当時あんなに神経質に情報を追っていた原発の影響も(雨が降ろうもんなら全身防御する程だった)それほど気にしなくなってしまった。

とにかく吐き気がひどかったから気持ち半分くらいでしか見ていなかったけれど、
テレビでやってるのはやっぱり毎年やってるのとだいたいおんなじなのかな。という印象。
当時の津波の映像出して、今被災された人たちがどうなっているか追って。

5年目を迎えた今年は仮設住宅の期限が切れるということもあるそうだから、もっとちゃんと見れればよかったのだけれど。

このように特番を俯瞰してしまうのは私にとって興味が無いからではなくて、
大津波こそ経験していないし、東京で被災した私は宮城や福島の方々より全然被害が小さいのだけれども、
それでも私は私で被災経験を持っているからなのかな、と思った。

そこでやっと気づくわけである。
「そうかこの国には、この震災を経験していない人もいるんだったよなぁ」

きれいごとじゃないけれど、刻む日

私が「ミニマリスト」に傾倒したのは2014年のこと。
昨今沢山のミニマリスト、シンプルライフ本が出版され支持されるムーヴメントに、東日本大震災の影響は私も絶対にあると思っている。

物理的に、大きい揺れが来た時に倒れる家具がないように、とか避難しやすいようにものを減らそう、とかも然り。

だが少なからず被災した多くの東日本の住民が、こういった災害の時に
・生活必需品が手に入らないこと
・ライフラインがストップすること
が本当に起こりうるということを身をもって経験したことにより、
どこでも暮らせるサイズに自分を最適化することを学び始めたんだろうと思うのである。

もちろん、私もそのひとり。

東日本の多くの国民が、この日を境に自分の大切なものを確認することとなった。

備えあれば憂いなし、ただし超大災害の時以外

結局被災経験があってもなくても、災害が来た時には本当、なんにもできない。
どこにいるかわからないし、予告してから来てくれるものでも、当然ないし。

でも人間は学習できる生き物だから、世間で言われてること+α自分で経験したことをソースとして、
とりあえず備蓄してた食料やお水の賞味期限確認と入れ替えでもしようかなと思います。

 

あ、あと電力会社変えなきゃね。
予想できるリスクは最大限に回避するのが、この世代の生き方なんだよ、じいさんばあさんたち。

とりあえず大きくて強いように見えるものにしがみついてりゃ安全、なんて神話は元々無かったんだ。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村