読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

THIS IS YOUR LIFE.

私以外私じゃないの

【余計なお世話】ユニクロからレコードレーベルロゴのTシャツが出ているぞ!買う前にどんなレーベルか知っておこうよ

【スポンサーリンク】

こんばんは。
今日、母親とユニクロに行きました。(超牧歌的センテンス

ユニクロのUTは今年もラインナップが豊富で、現状200種類以上ものデザインが販売されていますが、
中でも音楽好きたちの注目を集めているのが、レコードレーベルのロゴが入った「グルーヴ・メーカーズグラフィックT」なるシリーズです。

個人的に思い入れのあるレーベルも多くラインナップされていて胸熱で全部そろえたいくらいなのですが、同時にユニクロで売っているカッコイイTシャツになったということは、お腹だけデローンとして死んだ魚みたいな目をしてイオンのベンチに座ってるおじさんとか、ともすれば近所のスーパーでよく会う親友のお母さんとかまでもが、私の思い出の「キャピトル・レコード」のTシャツを着ていたりする可能性があるということ。

余計なお世話以外のなにものでもないけれど、今日はそのTシャツを着る前に知っておきたい、そのレーベルについて勝手に説明したいと思います。

1.Capitol Records

http://im.uniqlo.com/images/jp/pc/goods/170793/item/01_170793.jpg

http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/170793

聞いて驚け。
あのビートルズが所属していたレコード・レーベルなんだぞ、キャピトル・レコードは!

現在はユニバーサル・ミュージック傘下、当時日本は東芝電子工業(のちの東芝EMI)傘下のレーベルであった。1956年に完成したLAにあるキャピトル・レコード本社は、円柱状の形をしており、それがレコード盤を模しているとも言われているほど、音楽愛にあふれたレーベルなのである。

所属アーティストはビートルズのほか、ビーチボーイズ、デュラン・デュラン、ビースティ・ボーイズなどから近年はコールドプレイまでと華々しい。
どうかこのTシャツをまとう時は誇らしい気持ちでいて欲しい。

2.EMI

http://im.uniqlo.com/images/jp/pc/goods/170799/item/00_170799.jpg

http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/170799

EMI(イーエムアイ)は、イギリスのレコード会社である。1931年に英コロムビアと英グラモフォン(HMV)が合併し、Electric and Musical Industries Ltdとして設立された。(wikipedia) 

 1.にも出てきたEMIは元々日本でもソニー、ユニバーサル、ワーナーなどと肩を並べていたメジャーレコード会社であった。日本では長きにわたって「東芝EMI」という社名を名乗っており、日本人アーティストでは寺尾聡から宇多田ヒカル・椎名林檎・ナンバーガールまでをも輩出し、多くの音楽ファンに愛されたレーベルだった。
2012年、ユニバーサルミュージックに買収され、EMIという名前は現在はユニバーサルミュージック内にレーベル名として残っているのみとなっている。

海外では、前述のCapitol Recordsと、のちに登場するVirgin Recordsや、ジャズでおなじみのブルーノートなどを傘下に抱えていた。
デヴィッド・ボウイ、クイーンなど大物アーティストも多く所属した。

ちなみにこのTシャツに使われているロゴ、けっこうな音楽マニアでも一瞬EMIのものと気づかない。
ツウっぽさをアピールしたいなら迷わずこれをオススメする。

3.Virgin Records

http://im.uniqlo.com/images/jp/pc/goods/167606/item/01_167606.jpg

http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/167606

レーベルの立ち位置としては、ほぼCapitolと同じ。
Virgin/Capitolは並列で紹介されることも多かった、EMI傘下の主要レーベルであった。
所属には、カルチャークラブ、イギー・ポップ、ケミカル・ブラザーズなどが名を連ねる。
レーベルには思い入れがとてもあるけれど、個人的にはこのTシャツが一番、ぽくなくて好きじゃない。

4.MOTOWN

http://im.uniqlo.com/images/jp/pc/goods/170795/item/08_170795.jpg

http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/170795

モータウン(Motown;Motown Records)は、アメリカ合衆国ミシガン州デトロイト発祥のレコードレーベル。自動車産業で知られるデトロイトの通称、「Motor town」の略である。 

モータウンて聞いたことある人も多いのではないだろうか。
かつてあのジャクソン5、マイケル・ジャクソンを有したソウル・ミュージックのレーベルである。

筆者ブラックミュージックに明るくないので細かいコメントを控えるが、スティーヴィー・ワンダー、マーヴィン・ゲイ、プリンス(一時)も所属した伝説的レコードレーベルであるモータウン、個人的にはこのTシャツがシリーズの中でモスト・フェイバリット・デザインである。

あなたも手に入れたなら、ぜひとも、ソウルでファンクな気分で着て欲しい。

5.DECCA

http://im.uniqlo.com/images/jp/pc/goods/170796/item/00_170796.jpg

http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/170796

第二次世界大戦前のイギリスで、EMIと並んで2大レコードレーベルだったのが、このDECCAなのだそうである。
昨今ではクラシックやジャズのリリースが多いイメージだったが、1960年代にはなんとあのローリング・ストーンズをデビューさせたレーベルだったということ!(筆者初耳)

所属には、ルイ・アームストロングやビリー・ホリデイ、日本人では小澤征爾さんも名を連ねている。

しっとりオトナなイメージで、きれいめに着こなして欲しい。

どのTシャツにするか決まりましたか?

あなたが好きなアーティストがいるレーベルを選ぶもよし、デザインで選ぶもよし。
もし音楽をあまりよく知らなくても、そのTシャツを着る時だけは、かつて所属したアーティストたちのことを思い浮かべてみてはいかがだろうか。

広告を非表示にする